目が眩しい病気




最近もっとも多い原因は・・・

実は目が眩しい原因で、近年最も多いと言われているのが眼精疲労です。
極度の眼精疲労になることでピント調節機能や瞳孔の調節機能が低下するためといわれています。

ほかに、よくある原因と考えられているのが頚椎のズレなのです。
特に頚椎の1番冠椎と2番は頭部内部にあり、この頚椎がズレていることにより、神経や血管を圧迫して、頭痛やめまい、目の眩しさの原因になると考えられています。

この頚椎の1番、2番は顎関節とも深く関係していて、下あごのズレを矯正することで頚椎のずれも矯正することが可能です。

下あごのズレもマウスピースで寝ながら矯正⇒バイオプレート

目が眩しい症状の病気

目が眩しいと感じるときに考えられる病気として「角膜炎」「角膜ヘルペス」「白内障」「ぶどう膜炎」「水疱性角膜症」「角膜混濁」「虹彩炎」「雪目」「花粉症」などの可能性があります。

「角膜炎」は眩しさのほか、激しい目の痛み、目の充血、視力低下、異物感、流涙、目のかすみなどの症状がみられます。
症状が悪化すると角膜に孔が開いて最悪、失明する危険性も伴います。

「角膜ヘルペス」は樹枝状角膜炎、異物感、充血、視力低下、流涙などの症状がみられます。
何度も角膜ヘルペスが再発してしまうと角膜全体が混濁してしまい、治療しても視力障害が残る危険性があります。

「白内障」は目のかすみ、視力低下、近視化などの症状がみられます。
白内障は水晶体の濁りがゆっくりと進行していく病気なので、進行しても自覚症状がないことあり、徐々に視界がかすんで見えるようになるため、視力低下も徐々に進行していきます。

「ぶどう膜炎」は視力低下、まぶしさ、充血、目の痛み、目のかすみ、黒目の周囲の充血などの症状がみられます。
症状が悪化すると最悪、白内障や続発性緑内障、網膜剥離を合併する可能性があります。

「水疱性角膜症」は視力低下、眼の痛みなどの症状があらわれます。
症状は両目または片目にあらわれます。

「虹彩炎」は視力低下、充血、涙目、かすみなどの症状がみられます。
症状が悪化すると最悪、白内障や緑内障と合併したり、稀ですが失明の危険性があります。

「雪目」は眩しさのほか、激しい目の痛み、充血、ザラザラ感などの症状があらわれます。
安静にしていれば、通常は数日程度で症状は改善されますし、ビタミンB2や角膜保護成分入りの点眼薬を使用することによって症状を軽減させることもできます。

それでも心配なら精密検査を

そのほかにも、目が眩しくなるのは頚椎のヘルニアや脳に何らかの異常がある可能性もあります。
脳に異常がある場合は、放っておくと取り返しのつかないことになりかねませんので、まずは早期に精密検査を受けることをお勧めします。

TBS「怪傑ドクター」で紹介されたMRI脳ドック

本当は怖い!目が眩しい病気リンク